神戸学校

神戸学校はフェリシモが主催する「神戸発 生活デザイン学校」です。

  • やなせたかしさん(漫画家)
  • やなせたかしさん(漫画家)

プロフィールを読む

現在表示しているページ
フェリシモ
> 神戸学校
> やなせたかしさん(漫画家)レポート

「神戸キラリ」



<第1部>

自作の神戸の歌「ラララ神戸」も熱唱!
アンパンマンたちとの愉快な歌のひととき。

(カステラの歌に合わせて女性2人組が歌いながら登場)

やなせたかしさん:
『アンパンマン』の作者 やなせたかしです。今日は「アンパンマンショー]をお送りいたします。その前に出演者のご紹介。

♪(歌いながら)こちらのお姉さんは大和田 りつこさんです。武蔵野音楽大学卒業、素晴らしい声は後ほどお聞きください。
そしてこちらのお姉さんは岡崎 裕美さんです。東京芸大声楽科卒業、美しい歌声はのちほどお聞きください。
そしてピアノのお姉さんは貞光さんです。東京音大ピアノ科卒業の素晴らしい演奏をほんの少しお聞きください。

PHOTO

♪(ピアノのお姉さんによる「小犬のワルツ」の演奏)

そして、本日は素晴らしいゲストが来ております。入っていただきましょう。どうぞ!

(アンパンマンとその仲間たち入場)

このゲストのみなさんと一緒にお送りいたしますが、1番最初に「ラララ神戸」をお送りしたいと思います。せっかく神戸へやってきましたので、昨日の夜、「神戸の歌をつくろう」ってことで急につくったんだよね、それでは「ラララ神戸」。

♪「ラララ神戸」
やなせたかしさん・歌のお姉さん・アンパンマンとその仲間たちで「ラララ神戸」を歌う。

やなせさん:
昨日の夜、突然つくったにしては良くできていますね。誰が作ったか、私が作詞作曲した。それでは、歌手のふたりにはちょっと退場していただいて……。せっかくですから、こちらの方から。

(アンパンマンたちが並んでいるところでやなせさんからご紹介)

やなせさん:
みなさんよくご存じですね、メロンパンナちゃん。特に関西のほうで人気がありますね。次は誰ですか? はい、しょくぱんまんですね。しょくぱんまんはこういう食パンの顔をして給食をしています。次はカレーパンマンですね。「カレーカレーカレー」っていう歌があって素晴らしいですね。カレーを口から吹き出すんですね。次はご存じアンパンマン。

♪そうだうれしいんだ生きる喜び たとえ胸の傷が痛んでも ああ アンパンマンやさしい君は いけ みんなの夢守るため (アンパンマン踊る)

やなせさん:
次、ばいきんまんです。こないだ僕はバイ菌にやられちゃって大変だったんですけど。ばいきんまんは悪いこともするんだけれども、ときどき、いいこともする。なかなかおもしろいキャラクターで、「ばいきんまんの声を聞かないと眠れない」というファンがいるぐらいなんです。
次はご存じですか? ドキンちゃんですね。ばいきんまんを助けるためにバイキン星からやってきたんだけど、いつのまにかばいきんまんよりも強くなってしまったんですね。
次、これは。ホラーマンですね。この前アンパンマンキャラクターの人気投票をやりましたら、なんと女子高生の人気№1がホラーマンだったんですよ。ホラーマンはドキンちゃんを好きなんですね。でも、ドキンちゃんはあんまり好きじゃないという非常に悲しい運命なんですけれど。本人はいつもとても自分がいちばんハンサムだと思い込んでるんですね。最後、これはご存じ? やきそばパンマンっていうんですよ。「おれはやきそばパンマン」っていってね、西部劇、ウエスタンなんですね。一部では非常に人気のある……、みなさん、焼きそば好きでしょ?あとで焼きそばの素敵な歌が入ります。それでは、どうもありがとう。

アンパンマンのキャラクター、すごいたくさんおりますが、これを少しずつご紹介していきますが、1番最初はさっきのおなじみしょくぱんまん。歌うのは本人も顔が四角い大和田 りつこさん、それではおなじみしょくぱんまん!! それではみんなで。「しょくぱんまんさまー!」

♪しょくぱんまんが登場し、「しょくぱんまん」の歌を歌う。

やなせさん:
しょくぱんまんでした。そうすると、しょくぱんまんを好きなのは誰なの? ドキンちゃんはどういうわけかしょくぱんまんを好きなんですね。なぜなんでしょうね。よく分かりませんけど。ドキンちゃんてのがすごいわがまま女なんですね。その場合にはなんか優等生みたいな人を好きになるんですね。そうして、しょくぱんまんを好きなるんだけど、バイ菌と食パンてのは一緒になることはできないんですよ。非常に悲しい運命なんですけども、ドキンちゃんは相変わらずしょくぱんまんが好き。そうしていろんなキャラクターがおりますけ。それでは、本人もわがままな岡崎 裕美さんがドキンちゃんを歌います。それではどうぞ。

♪歌のお姉さん ドキンちゃんの歌を歌う。

やなせさん:
とってもかわいいドキンちゃんに拍手。ドキンちゃんが歌っているとどうしても自分も歌いたいってのが出てきたんですね。誰なんでしょうね。そうしてですね、今回の場合は「自分ひとりで歌いたい、手助けはいらない」って言ってるんですよ。誰なんですか? 分かった人! ばいきんまんなんですね。申し訳ないけど聞いてやってください。

PHOTO

♪「いくぞ ばいきんまん」

やなせさん:
ばいきんまんがあんまり楽しそうに歌ってるんで、俺も歌うってのが出てきちゃったのよ。困ったんですよ。これは予定に入ってなかったんだけど、ホラーっていう人なんですね。

♪「ホラーマン チャチャチャ」

やなせさん:
おもしろかったですね。『アンパンマンシリーズ』というのは食べ物のキャラクターがたくさん出てきますね。いろいろな食べ物がありますけれど、ラーメンというのは、本当は中国から来たんだけれど、今世界でいちばんおいしいのは日本のラーメンです。なにしろ中国から日本のラーメンを食べたいってやってくる人がいるんですから。札幌、あるいは各地にですね、特殊なラーメンがありますね。大阪にもあります。神戸にもありますね。そうしてみんないろいろなところの独特の味をつくってるわけなんです。そしてアンパンマンのなかにはらーめんてんしっていうのがいるんですけども、最近はあまり出ておりません。久しぶりに「ラーメン心の歌」どうぞ。

♪「ラーメン心の歌」

さて、このごろ、デパートへ行きますと、あんパンがいい売り場にいるんですよ。ひところ、あんパンはすごく(売上げが)落ちたんですね。ところが『アンパンマン』が出てから非常にあんパンの売上が上がって、そしてパンの売上も上がって、僕は、これはちょっと和食、農協の方に悪いなあと思ったんですね。やっぱり食べ物という以上は、米、和食の方もやらなくちゃいけないと責任感を感じまして、パンに相当するものは何なんだろう、と考え、やっぱりこれはおむすびだと思って。それで、おむすびまんをつくったんです。そうするとすぐ名古屋のお米屋さんがやって来て、「おむすびまんコシヒカリ」というのを出したいと言うんでね。現在でもあるお米屋さんで売っています。そうして私はそのおかげで毎月お米をいただけるんですよ。ですから、食べるのには困りません。これは和食ですね。ですから、歌もいくらか和食系統になっております。

♪「おむすびマン 流れ旅」

やなせさん:
なかなかいい歌だと思います。
さて、キャラクターというのは、出ているうちにだんだん人気が出てくるキャラクター、それからこれはだめだと思ったのに突然人気の出るキャラクター、おもしろいと思ったのに、あんまり人気が出ないキャラクターといろいろいるんですよ。いまアンパンマンのキャラクターは約3000あるんですが、このキャラクターのなかで、出た途端に人気が出たのがメロンパンナです。ではメロンパンナの歌を聞きたいと思います。

♪「メロンパンナの歌」

PHOTO

やなせさん:
メロンパンナちゃんかわいかったですね。今度のキャラクターは新しく出てきたキャラクターです。さっき言ったやきそばパンマンです。みなさんはどんな焼きそばが好きなんですか? 昨日も焼きそばの屋台ありましたけども、かた焼きそばとかいろいろありますね、しかしなんといってもいちばんはソース焼きそばですね。なぜかというと焼くときに音がする、じゃかじゃかジャージャー、鉄板の上で音がしますね。煙が出る。そうして、紅ショウガを上にふる。見た目もきれい、音がする。においもする。そしてそのままその場で熱いやつをそのまま食べる。おいしいですね。なんといっても焼きそばはソース焼きそば。それでは、やきそばパンマンの歌をやりますが、これは僕が歌います。

♪「やきそばパンマンの歌」

やなせさん:
では、次はみなさんもご存じの「勇気リンリン」。いつも終わりの方でやっている歌です。これを、さっきのみんなに登場していただいて、やりたいと思います。

♪「勇気リンリン」(アンパンマンとその仲間たち勢ぞろいで合唱)

PHOTO

やなせさん:
これで第1部は終わりです。休憩奏ということでアンパンマン以外のものをちょっとやらせていただきます。私はアンパンマン以外にも非常にたくさんの歌をつくっておりますけれど、今回のは、ちょっと詩の朗読に近いような歌です。絵を描きながらやります。「アカシヤの木の下の犬」っていいます。それではいきましょうか。

(悲しい曲調で) ♪「アカシヤの木の下の犬」

PHOTO

これは犬のお話ではないんですね。我々にはみんな弱点がある、どこかしら人に言いたくない部分がある、トイレ行ってしゃがんでるところは人に見せたくない。みんな弱点があるんだけれども、それをお互いに許し合って生きる。それが我々の社会なんですね。ちょっと小さい子にはむずかしかったかな。他人の欠点をあげつらう人がいる。しかし、自分にもある。あんまりだからそういう事を言っちゃいけないの。お互いにみんな許し合って生きる、「でこ」と「ぼこ」がある。それで成り立ってるのが我々の社会だと、まあそういう歌なんです。ちょっと退屈だったかもしれませんが「アカシヤの木の下の犬」をお送りいたしました。

ページのトップへ

<第2部>

まだまだ続く楽しい
歌のショータイム!

やなせさん:
アンパンマンの歌のなかにはごちそうがたくさんありますけど、神戸もおいしいものが多いですね。神戸牛とかいろいろあるんですけど、やっぱり神戸ってハイカラな街だからチョコレートにしようか。チョコレートでやろうと思います。この「おいしいねソング」っていうのは、みなさん、おいしいもの食べるでしょ、お母さんがごちそうをつくってくださる。そして食べたときに、「おいしいね」って言えばお母さん喜ぶんですよ。何にも言わないで食べちゃね、おいしくない。「おいしいね、おいしいね」って言って食べればですね、つくった人も喜ぶ。食べる人も楽しい。だからこの「おいしいねソング」を覚えて、お母さんがおいしい料理つくったときは、「おいしいね、おいしいね」って歌っていただければ、お母さん大喜びすると思う。こないだお寿司屋さんで歌ったらですね、すごいノッてしまって全員が歌ったんですけれど。みなさんに覚えていただきたいんで、「おいしいねソング」の練習をお姉さんがやりますから稽古してください。
それでは、「おいしいねソング」!

歌のお姉さん:
はい、「おいしいねソング」の練習をしてみましょう。おいしいものを食べたときのおいしいお顔をしてください。おいしいお顔の時にほっぺの横に手がいきますね。ここに手を当ててください。「おいしいね」って言いながら、片方の手を2回まわしてください。「おいしいね」って言いながらどうぞ。
(手振りしながら)
嘘でもおいしい顔、どうぞ。「おいしいね」。反対も。「おいしいね」。今度、「めっちゃくっちゃおいしい」ってことで、めちゃくちゃはくるくるくるくる~
(くるくる手を回す)、
お姉さん30年回してますけど、お姉さんより速く回せる人いたらいってください、くるくるくるくる~「めっちゃくちゃおいしい!」
(頬の横に手)
てなります。いいですか? ここまで分かる? いろんなとこに出てきますから、「どうぞ」って言ったら、「おいしいね」から歌いながらやってください。じゃ今日はチョコレート。「おいしいねソング」いってみましょう。

♪「おいしいねソング」
今日はみなさんお昼ごはんちゃんと食べてきましたか?お昼ごはんもおいしかった人?
おいしいもの食べた時は必ず「おいしいね」ってやってください。

上手にできました。「おいしいね ソング」でした。

(黒いマントに黒いハット、サングラスのやなせさん登場)

やなせさん:
不思議な格好で出てきましたけれども。さっき言いましたように、アンパンマンには3000のキャラクターがいるので、さっきのやきそばパンマンと並んでやや新しいキャラクター、ナガネギマン。ご存じ? 普段はねぎーおじさんというのがいるんです。かいけつナガネギマン、最近人気があるんですよ。このナガネギマンを僕が歌います。

♪「ナガネギフラメンコ」
(剣を抜いてばいきんまんと闘うやなせさん、ばいきんまんを倒す)

PHOTO

やなせさん:
ちょっと疲れますね。息がはずみます。それでは、アンパンマンのなかにはおいしい歌たくさん出てきますけど、カレー。皆さんカレー好きですか?僕はねカレーが好きなんですね。どうしても1週間に1回はカレーが食べたい口になるんですけど。このカレーパンマンの歌が非常によくできていて、気持ちがいいですね。特に終りの方の、「カレーカレーカレー」というところが気持ちがいいです。僕もぜひ歌いたいんですけどね、さっきのナガネギマンで息がはずんでしまったんで(お姉さん)ふたりに歌っていただきます。それでは「カレーパンマンの歌」。

♪「カレーパンマンの歌」

やなせさん:
なかなかいい歌でしょ。アニメーションの歌っていうのは、普通のアニメーションは5曲ないし6曲ぐらいしかありません。アンパンマンに限って100曲ぐらいある。そうしてお聞きになって分かるように、全部の歌がおもしろい。全部の歌がとても素敵なんです。なぜ? 理由はたったひとつ。全部の歌を僕がつくってる(笑)。作者が歌をつくってるってことはわりとあるんですけれども、全部の歌をつくってるのは僕だけしかいない。最近は作曲もやっています。スタッフは「やなせ先生、作曲だけはやめてください。専門家がいますから」って言うんですけれど、最近の映画のテーマソングは僕が作曲してます。この次やるのは、みなさんご存じのいちばん最初にできた「アンパンマンマーチ」!

(アンパンマンとその仲間たち、登場)
♪「アンパンマンマーチ」

PHOTO

やなせさん:
次は、いまクリスマスなんで、やなせうさぎの歌をやります。今年のクリスマススペシャルに「やなせうさぎ」というのが出てきます。その声をやっているのが僕なんです。「やなせうさぎ」というのは僕自身のキャラクターになっています。今度のスペシャルで出てきますので、ぜひお楽しみに。それではやなせうさぎの歌をいきます。やなせうさぎさん出てください。

(やなせうさぎ登場)
みなさんにもちょっとやっていただくんでね、始めはちょっとスローテンポでやって練習して、それから速いテンポになります。

(お姉さん)
やなせうさぎさんをよくご覧くさい。お耳がありますね。みなさんもお耳をつくってみましょう。(手でうさぎの耳)左、真中、右、真中でぴょんぴょんぴょんぴょん。めがねをかけていますね。めがねかけましょう。(手でメガネ)蝶ネクタイをしていますね。(首もとで蝶ネクタイ)蝶ネクタイです。そしてダンディーでかっこいいですね。かっこいいポーズ。(腰に手を当てる)これをやるとやなせうさぎにぴったりになります。
(みんなで繰り返し練習)
(やなせさん歌う)

♪「やなせうさぎの歌」

やなせさん:
よくできました。それでは、せっかくクリスマスですから、クリスマスソングをいきます。

♪(お姉さん「ジングルベル」「サンタが街にやってきた」「赤鼻のトナカイ」を歌う)

やなせさん:
アンパンマンのなかにもクリスマスソングあるんですよ。やはり僕の作詞作曲になっておりますけども、非常に軽快な歌で、いままでのクリスマスソングと比べてもなんら遜色はないと本人だけは思っております。それでは「ジンジンクリスマス」。

♪「ジンジンクリスマス」

やなせさん:
クリスマス素敵ですね 待ち遠しいですね。

(みんな登場して歌う)
♪「てのひらを太陽に」

やなせさん:
やっと無事終わりまして、疲れましたね。「てのひらを太陽に」を歌いましたんで、いちばん最後にもうひとつ、「虹色の歌」。これは、一昨年の映画のテーマソングなんです。たいへん素敵な歌なので、これをやりたいと思います。

PHOTO

♪「虹色の歌」

やなせさん:
これで終わりでございます。おもしろかったですか? またぜひお会いしましょう。それじゃ、みなさんどうもありがとうございました。

ページのトップへ

Profile

やなせたかしさん<漫画家>

やなせたかしさん
<漫画家>
*プロフィールは、ご講演当時のものです。
1919年2月高知県に生まれる。東京工芸学校図案科(現千葉大)卒業。三越宣伝部にグラフィックデザイナーとして勤務ののちフリーに。1972年に月刊『詩とメルヘン』 をサンリオより創刊(2003年に廃刊になるまで同誌編集長を務める)。同年「漫画家 の絵本の会」を故手塚治虫氏ら友人10人と結成。1973年にフレーベル館の月刊絵本『キンダーおはなしえほん』に『アンパンマン』を掲載。以後、アンパンマンシリーズを発行、現在までに3,000万部を超える。そのほか、代表作「手のひらを太陽に」 (作詞)、絵本『やさしいライオン』など。1996年に高知県香北町にやなせたかし記念館アンパンマンミュージアムをオープンし、名誉館長に就任。勲四等瑞宝章受賞をはじめ、日本漫画家協会文部大臣賞、日本童謡協会特別賞ほか多数を受賞。現在、日本漫画家協会理事長。

ページのトップへ

その他のゲスト

ページのトップへ