神戸学校

神戸学校はフェリシモが主催する「神戸発 生活デザイン学校」です。

  • マイク・モラスキーさん(一橋大学社会学研究科教授・日本文化研究者)
  • マイク・モラスキーさん(一橋大学社会学研究科教授・日本文化研究者)

プロフィールを読む

現在表示しているページ
フェリシモ
> 神戸学校
> マイク・モラスキーさん(一橋大学社会学研究科教授・日本文化研究者)レポート

Profile

マイク・モラスキーさん<一橋大学社会学研究科教授・日本文化研究者>

マイク・モラスキーさん
<一橋大学社会学研究科教授・日本文化研究者>
*プロフィールは、ご講演当時のものです。
1956年米国セントルイス市生まれ。1976年に初来日し、延べ20年日本滞在。シカゴ大学大学院東アジア言語文明学研究科博士課程修了(日本文学で博士号)。ミネソタ大学教授を経て、現在、一橋大学社会学研究科教授。日本文化研究や音楽社会学の講義を担当。日本語の著書は、『戦後日本のジャズ文化』(青土社、2005年、サントリー学芸賞受賞)、『占領の記憶/記憶の占領』(鈴木直子訳、青土社、2006年)、『その言葉、異議あり!――笑える日米文化批評集』(中公新書ラクレ、2007年)、『ジャズ喫茶論』(筑摩書房、2010年)、そして共編著『ニュー・ジャズ・スタディーズ』(アルテスパブリシング、2010年)。2012年10月に新著『呑めば、都』が筑摩書房より刊行され、2013年2月にはエッセイ集『ひとり歩き』が幻戯(げんき)書房より刊行される予定。
また、ジャズピアニストとして日本のライブハウスに出演することもあり、2010年にはピアノ・ソロのCD〈Dr. U-Turn〉(STUDIO SONGS /BAJ Records)を発表。ピアノ・トリオのライブCD「Mike Molasky Trio――Live! Back at Aketa !」(アケタズ・ディスク)もある。趣味は、将棋、尺八、太極拳、落語鑑賞、そして路地裏の赤提灯探索である。「このジジイ臭い趣味群では、ぐんぐん高齢化する日本社会にもいくらでも適応できるだろう」、と自慢する。

ページのトップへ

その他のゲスト

ページのトップへ