神戸学校

神戸学校はフェリシモが主催する「神戸発 生活デザイン学校」です。

  • 森山 開次さん(ダンサー・振付家)
  • 森山 開次さん(ダンサー・振付家)

プロフィールを読む

現在表示しているページ
フェリシモ
> 神戸学校
> 森山 開次さん(ダンサー・振付家)レポート

Profile

森山 開次(もりやま かいじ)さん<ダンサー・振付家>

森山 開次(もりやま かいじ)さん
<ダンサー・振付家>
*プロフィールは、ご講演当時のものです。
ダンサー・振付家。1973年生まれ。21歳でダンスを始める。1999年以降、多くのダンス公演・TVCFなど幅広いジャンルで振付を担当。しなやかながら直線的で、空間を切り裂くような表現に定評があり、2001年エジンバラフェスティバルにて「今年最も才能あるダンサーの1人。彼1人のために観にいく価値あり」(英・Scotsman誌)と評される。2001年自身の演出振付によるソロダンス作品の発表を開始。初ソロ公演『夕鶴』以降、和の素材を用いた独自の表現世界で知られ、能を題材とした『弱法師』『OKINA』他(共に新国立劇場)で高い評価を得る。2005年ソロ作品『KATANA』にて「驚異のダンサーによる驚くべきダンス」(米・New York Times紙)と評され2007年ヴェネチアビエンナーレ招聘のほか、国内海外公演多数。2012年発表の『曼荼羅の宇宙』(主催:新国立劇場)にて芸術選奨舞踊部門文部科学大臣新人賞、江口隆哉賞、松山バレエ団顕彰・芸術奨励賞を受賞。平成25年度文化庁文化交流使にコンテンポラリーダンサーとしてはじめて任命をうけ、インドネシア、ベトナム、シンガポールへ渡航。代表作のひとつ『LIVEBONE』のアジア3都市ツアーを敢行するなど活躍の場をひろげる。分野を横断し異ジャンルアーティストと自在にコラボレーションを重ねる活動形態は、現代のダンスシーンにおいて強烈な存在感を放っている。主な出演作品に、演劇『スケリグ』『サロメ』『家電のように解り合えない』『ポリグラフ』 ミュージカル『星の王子さま』『ダンス・オブ・ヴァンパイア』 映画『茶の味』『カムイ外伝』『たまたま』 テレビ『からだであそぼ』『トップランナー』『情熱大陸』『課外授業・ようこそ先輩』『旅のチカラ』『日曜美術館』他多数。本年公開映画にも出演を予定している。

ページのトップへ

その他のゲスト

ページのトップへ