神戸学校

神戸学校はフェリシモが主催する「神戸発 生活デザイン学校」です。

  • 嘉門 達夫さん(シンガーソングライター)
  • 嘉門 達夫さん(シンガーソングライター)

プロフィールを読む

現在表示しているページ
フェリシモ
> 神戸学校
> 嘉門 達夫さん(シンガーソングライター)レポート

Profile

嘉門 達夫(かもん たつお)さん<シンガーソングライター>

嘉門 達夫(かもん たつお)さん
<シンガーソングライター>
*プロフィールは、ご講演当時のものです。
1959年(昭和34年)3月25日大阪府生まれ。フォークソングとラジオの深夜放送、1970年の大阪万博に多大な影響を受けて育つ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門、19歳で毎日放送ラジオ「ヤングタウン」のレギュラーに。が、のちに落語家 破門、番組降板。その後、全国を放浪。ギターを手にライブ活動を始める。「嘉門達夫」の名はサザンオールスターズ桑田佳祐氏の命名。そして「ヤングタウン」に奇跡の復活をし、1983年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。以降、「小市民」「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。1992年NHK紅白歌合戦出場。2007年小説「た・か・く・ら」(扶桑社)発表。2時間ドラマ化されオンエア。2010年上海万博日本産業館応援団長就任。2012年「アホが見るブタのケツ」「鼻から牛乳?キッズバージョン?」がお子様の間で大人気となり、いまやライブには3世代のファンが駆け付ける。2013年7月21日「嘉門達夫デビュー30周年 真夏のカモン! EXPO! 歌と笑いと食のワンダーランド@大阪・万博記念公園お祭り広場」開催。7000人来場。2014年3月、55歳を迎え、6年ぶり31枚目のオリジナルアルバム「GO! GO!COME ON!!」を4月30日に発売。 2015年は芸能生活40周年を迎え、5月に大阪道頓堀開削400年の記念シングル「レッツゴー!ミナミ! 」をリリース。
そして今秋、ラジオと音楽と人との出会いを書き下ろした小説を発表予定。 年末にはライブツアースタート! と現在も「フットワークの軽い貫禄のない50代」をばく進中!

ページのトップへ

その他のゲスト

ページのトップへ