神戸学校

神戸学校はフェリシモが主催する「神戸発 生活デザイン学校」です。

次回のゲストの紹介
現在表示しているページ
フェリシモ
> 神戸学校
> 次回のゲストの紹介

2018年1月 神戸学校
  • 日 時:2018年1月27日 13:30 - 16:00(開場13:00)
  • ゲスト:赤峰 俊治さん(株式会社 Cool Japan TV 代表取締役)
  • テーマ:「YouTuberの現在地点と未来」
  • 場 所:デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)
        <神戸市中央区小野浜町1-4>
        ※会場アクセス http://kiito.jp/access/
  • 参加料:1,200円 [学生 1,000円]※中学生以下の方は無料です。
  • 参加お申し込み
  • ※ご参加料は全額「あしなが育英会」を通じて、東日本大震災遺児支援全般に活用いただいています。
神戸学校2018年1月は株式会社 Cool Japan TV 代表取締役の赤峰 俊治さんをお招きします。

1月の神戸学校は、「バズの魔法使い」という異名を持つ、インターネットプロモーションの鬼才、赤峰 俊治さんをお招きします。インターネットの世界で起業された赤峰さんは、近年は動画によるプロモーションのプロデュースをしておられます。赤峰さんが手がけられたプロモーションは、いずれも大きく話題となり、新しい時代を切り拓く革新的な試みとして、注目されています。そんな赤峰さんは現在、アジア全体のYouTuberの学校を運営しておられます。SNSで呼びかけたところ数日で数千人も集まって開校したこの学校で学んだ人は、自らが情報発信の担い手になることができるというところです。
当日は赤峰さんに、動画による情報発信の可能性、バズを起こすにはどうすればいいのか? そして、動画という手法によって人の心を魅了するには、など日ごろ私たちが気になっていることをそのものずばりおうかがいしたいと思います。また、アジアでご活躍中のトップ級のYouTuberの方からもお話をうかがいながら、YouTuberのお仕事の実演などもしていただきたいと考えています。どうぞお楽しみに!

赤峰 俊治(あかみね しゅんじ)さん<株式会社 Cool Japan TV 代表取締役>

1971年、大分県生まれ。銀行勤務の父親の転勤により日本各地で子ども時代を過ごす。中学時代に当時の社会問題をテーマに制作した自主映画作品が全国的なニュースとなり取材が殺到、全国の学校で上映される。高校・大学時代は自主映画制作、音楽活動に熱中。作詞作曲を手掛け、都内の人気ライブハウスで活躍。卒業後、政府系金融機関の信用保証協会に入社。さまざまな業種の経営コンサルティングに携わる中で、企業にとって既存の商圏や国境を越えることのできるインターネットのメディア戦略に可能性を感じて起業。WEB動画を活用した行政や企業の情報発信プロデュースにおいて数々の実績を残す。もっとも面白いチャンネルを投票で決める「USTREAM大賞」を2年連続受賞。過去最高の1日2.8兆円の売上を記録した中国最大手のECサイト、アリババの独身の日キャンペーンのWEB動画プロモーションをプロデュース。世界を踊らせたいという冗談から始まった企画「Tokyo Bon 2020」はリリース後、1日でオリンピック公式「東京五輪音頭」の視聴数を抜き、1週間で3,000万視聴数を突破。世界各国のニュースになり、世界中から盆踊りのチャレンジ動画が投稿され続けている。現在、53ヵ国 7,300人の生徒を持つ、WEB動画スクールを運営。アジア最大の YouTuber ネットワークとバズの仕掛けを駆使して、国内外の大手企業のプロモーション及びマーケティングを手掛けている。月刊「美楽」にてコラム「想像の翼にのって」を好評連載中。

ページのトップへ