神戸学校

神戸学校はフェリシモが主催する「神戸発 生活デザイン学校」です。

次回のゲストの紹介
現在表示しているページ
フェリシモ
> 神戸学校
> 次回のゲストの紹介

2020年1月 神戸学校
  • 日 時:2020年1月25日 13:30 - 16:00(開場13:00)
  • ゲスト:Bloom Works(ブルームワークス)
  • テーマ:「絶対にまた、笑顔で会いましょう!」
  • 場 所:デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)
        <神戸市中央区小野浜町1-4>
        ※会場アクセス http://kiito.jp/access/
  • 参加料:1,200円 [学生 1,000円]※中学生以下の方は無料です。
  • 参加お申し込み
  • ※ご参加料は全額「あしなが育英会」を通じて、東日本大震災遺児支援全般に活用いただいています。
神戸学校2019年1月はBloom Works(ブルームワークス) さんをお招きします。

阪神・淡路大震災から2020年1月17日で満25年となります。神戸学校1月は、震災のメモリアル月として、神戸発・防災音楽ユニット「Bloom Works(ブルームワークス)」のおふたりをお招きします。
Bloom Worksは2017年に結成、2018年から本格的に活動をスタートしました。それまでにも音楽の世界で活躍されていたKAZZさんと石田裕之さんのおふたりが運命的な出会いによって誕生したユニットです。
おふたりとも、震災当時神戸にて被災をされました。震災から20年以上が経過したときに感じておられたのは、震災の記憶が年を追うごとに昔話となってしまい、風化しているのではないかということでした。今後も必ず起こる災害について、震災を知らない若者たちの意識を惹きつけなくてはならない。これまでとは違う伝え方をしなければと感じたKAZZさんは「音楽を通じて、防災や減災を身近なものにしたい」と考えるようになり大学院に入学。減災復興政策研究科というところで研究を始められます。
そんな時、防災士の資格を持ち、被災した地域へ深い思いを持ちながらシンガーソングライターとして活躍する石田さんと出会われました。石田さんは、防災、環境、福祉、人権、地域学などにおけるテーマを音楽で人に届ける社会派(エシカル)アーティスト。音楽活動に加え、学校での講演や大学の非常勤講師なども務めるなど、常に地域社会との接点を重視しながら活動をされていました。そんなふたりから、震災を経験した神戸だからこそ可能となるこれまでにない「防災音楽」が誕生したのです。Bloom Worksの特徴は音楽と防災の知識の両輪によって成り立っているところにあります。
1月の神戸学校では、「防災音楽ユニット」では一体どういう活動をされているのか、このユニークな活動に込められた思いについておうかがいします。KAZZさんからは、災害時に音楽を役立てるというテーマで研究されたこと、石田さんからは、「音楽を通じた社会貢献をしたい」という思いで音楽以外の世界にも意識を向け、活動をしてこられる中で得られた気づきについてお話をうかがいたいと思います。そしてもちろんおふたりによる演奏もしていただきます。どうぞお楽しみに。

Bloom Works(ブルームワークス)さん〈神戸発防災音楽ユニット〉

日本のボイスパーカッション第一人者で防災大学院卒のKAZZ、シンガーソ ングライターで防災士の石田裕之による、「神戸発・防災音楽ユニット」。
阪神・淡路大震災の経験、被災地支援の教訓から、ポップな歌詞にさりげなく防災のメッセージを織り交ぜ、ハートに響く音楽を発信。
オシャレな防災をテーマにアーティストグッズにも工夫を凝らしています。 NHK「おはよう日本」、「ラジオ深夜便」などの全国放送で取り上げられたほか、内閣府主催の「ぼうさいこくたい2018、同2019」、東京都主催「東京 都防災展」、兵庫県主催「ひょうご安全の日のつどい」などにも出演。2019年4月6日、神戸震災復興記念公園(通称みなとのもり公園)にて、防災 をテーマに音楽フェス「BGMスクエア」を開催。2千人を動員し、アンケート回答者の91%が「防災意識が向上した」と回答しました。 9月16日、フェスのPRイベントとして防災フォーラム「BGM SEED」を開催。 グランフロント大阪の公認ストリートアーティスト。78.7MHzさくらFMにて毎月第3金曜23:00-24:00「Bloom Worksの花咲か GG‼」レギュラー放送中 ワンマンライブのほか、防災ちょいデミックパーティーも毎月開催中。何が起きてもみんな無事でいてという想いを込めて、ライブの最後の合言葉は「絶対にまた、笑顔で会いましょう!」

ページのトップへ