神戸学校

神戸学校はフェリシモが主催する「神戸発 生活デザイン学校」です。

次回のゲストの紹介
現在表示しているページ
フェリシモ
> 神戸学校
> 次回のゲストの紹介

2016年10月 神戸学校
  • 日 時:2016年10月22日 13:30 - 16:00(開場13:00)
  • ゲスト:太刀川 瑛弼さん(デザインストラテジスト)
  • テーマ:「クールなジャパンって何なのか? ~日本が世界にできること、デザインができること」
  • 場 所:神戸朝日ホール(神戸市中央区浪花町59番地 神戸朝日ビルディング)
  • 参加料:1,200円 [学生 1,000円]※中学生以下の方は無料です。
  • 参加お申し込み
  • ※ご参加料は全額「あしなが育英会」を通じて、東日本大震災遺児支援全般に活用いただいています。
  • ※KOBE DAYS クラブ会員の方は、割引価格で受講いただけます。当日クラブカードをご提示いただきましたら割引料金をお返しいたします。
神戸学校2016年10月はデザインストラテジストの太刀川 瑛弼さんをお招きします。

神戸学校10月のゲストはデザインファーム「NOSIGNER」(ノザイナー)代表 太刀川 瑛弼さんです。「NOSIGNER」では、プロダクトやグラフィック、ファッション、インテリア、空間などのさまざまな分野のデザイナーたちが集まり、ビジネスモデルの構築、企業やNPOのブランディング、製品、そしてオフィスにいたるまで幅広いデザインを手がけています。この「NOSIGNER」は、「見えないものをデザインする者」を意味する太刀川さんの造語で「目に見えない『関係性』の部分にこそデザインの本質が隠されている」という思いが込められています。
太刀川さんのこれまでの仕事のひとつに、2014年の内閣府主催「クールジャパンムーブメント推進会議」のコンセプトディレクターとして定めた「世界の課題をクリエイティブに解決する日本」というクールジャパンミッション宣言があります。太刀川さんは、「クールジャパン」というムーブメントにおいて本当に大事なことは、外貨の獲得よりも、「世界でもっともクリエイティブである」と注目を浴びている日本が、世界に対して何ができるかということであり、世界に対してどのようにふるまい、どのように役立つのかを再認識するれば、いつか必ず経済としても成り立つのだとおっしゃっています。
10月の神戸学校では、「世界の課題をクリエイティブに解決する日本」というクールジャパンミッション宣言に込められた太刀川さんの思いをお聞かせいただきながら、太刀川さんが思う日本や日本文化のすぐれた点とともに、それらをデザイナーとして、現在・未来へどう伝えていくのか? そして日本は、デザインは、世界に対して何ができるのかをお話いただきます。
太刀川さんはデザインと言語は非常に似ており、言語のような文法があると考えて「デザインの文法」を体系化しておられます。デザイン発想のルールを構造化して「見える化」することで、デザイナーだけでなく誰もがデザインを行うことができるようになるというこの「デザインの文法」についてもお聞かせいただきながら、ひとりひとりが日本のすばらしさを体現していくことのできる気づきを得たいと思います。どうぞお楽しみに。

太刀川 瑛弼(たちかわ えいすけ)さん<デザインストラテジスト>

慶應義塾大学大学院理工学研究科修了。在学中の2006年にデザインファームNOSIGNERを創業。現在、NOSIGNER株式会社代表取締役。ソーシャルデザインイノベーション(社会に良い変化をもたらすためのデザイン)を生み出すことを理念に活動中。建築・グラフィック・プロダクト等のデザインへの深い見識を活かし、複数の技術を相乗的に使った総合的なデザイン戦略を手がけるデザインストラテジスト。Design for Asia Award大賞、PENTAWARDS PLATINUM、SDA 最優秀賞、DSA 空間デザイン優秀賞など国内外の主要なデザイン賞にて50以上の受賞を誇る。災害時に役立つデザインを共有する「OLIVE PROJECT」代表。2014年、内閣官房主催「クールジャパンムーブメント推進会議」コンセプトディレクターとして、クールジャパンミッション宣言「世界の課題をクリエイティブに解決する日本」の策定に貢献。

ページのトップへ