神戸学校

神戸学校はフェリシモが主催する「神戸発 生活デザイン学校」です。

次回のゲストの紹介
現在表示しているページ
フェリシモ
> 神戸学校
> 次回のゲストの紹介

2016年8月 神戸学校
  • 日 時:2016年8月27日 13:30 - 16:00(開場13:00)
  • ゲスト:為末 大さん
       (元陸上選手・スプリント競技における日本人初の世界大会メダリスト)
  • テーマ:「王道から外れることを恐れない~何が『勝ち』かは自分が決める~」
  • 場 所:神戸朝日ホール(神戸市中央区浪花町59番地 神戸朝日ビルディング)
  • 参加料:1,200円 [学生 1,000円]※中学生以下の方は無料です。
  • ※ご参加料は全額「あしなが育英会」を通じて、東日本大震災遺児支援全般に活用いただいています。
  • ※KOBE DAYS クラブ会員の方は、割引価格で受講いただけます。当日クラブカードをご提示いただきましたら割引料金をお返しいたします。
  • ※ウェブサイトからのお申し込みは締め切らせていただきました。
      お電話かメールにて承りますのでご連絡ください。
        ・電話 078-325-5727(平日10:00~17:00)
        ・メール kobe@felissimo.co.jp
神戸学校2016年8月は元陸上選手・スプリント競技における日本人初の世界大会メダリストの為末 大さんをお招きします。

神戸学校8月は元陸上選手の為末大さんです。選手時代の為末さんを一言で表現するならば、「クリエイティビティあふれるアスリート」です。好成績を残しておられたにもかかわらず、短距離からハードルへと競技の転向をされたり、一貫してコーチの指導を受けず、トレーニングの全てをご自身で研究し、創意工夫を重ね、実践しておられたことなどはアスリート界の「常識破り」とまで言われました。しかしそれは、全て「勝つ」という目的のためでした。「まともなら勝てない勝負で、奇策を練り、勝利をつかむ、その七転八倒の試行錯誤がたまらなく楽しい」とは選手時代の言葉です。
厳しい選手時代には多くの「負け」も経験して来られた為末さんはこのようにもおっしゃいます。「人生とは、可能性を減らしていく過程でもある。だからこそ、できないことの数が増えただけ、できることが深くなる。可能性が絞られることで、人は自分が何をなすべきかが見えてくるものだ」と。世界の大舞台で勝負する中で、ご自身の肉体と精神の極限まで向き合ってこられた為末さんが今、語られる言葉は、スポーツという分野を超えて、普遍性を持って私たちの心に深く響きます。
そして「何が勝ちかは自分が決めることだ。大事なのは自分にとっての『成功』とは何なのかだ。」とおっしゃる為末さんの言葉には、たとえ自分がどのような境遇にあったとしても、他者の評価や言葉によって左右されるのではなく、あくまで人生は自分のものであり、自分にしか決めることができないのだ、というメッセージが込められています。そのことは、自分が何に生まれついて、どこに向かっているのかというストーリーを眺めながら、自分で考え、自分で決めたことを実践していくという限りなく創造的な行為だと言えるでしょう。神戸学校8月は今もなお、創造し続けておられる為末さんの人生哲学やその考えに至った選手時代のエピソード、そして現在のセカンドキャリアにおける新たな気づきなどもうかがいながら、私たちひとりひとりもまた、人生というドラマの主人公としてどう生きるか? しあわせとは? 改めて考えてみたいと思います。

為末 大(ためすえ だい)さん
<元陸上選手・スプリント競技における日本人初の世界大会メダリスト>

1978年広島県生まれ。スプリント競技における日本初の世界大会メダリスト。五輪はシドニー、アテネ、北京の3大会に連続出場。2012年に現役を引退。男子400メートルハードルの日本記録保持者(2016年7月現在)。2012年、25年間の現役から引退。現在は、一般社団法人アスリートソサエティ、株式会社Xiborg、株式会社侍などを通じ、スポーツ本来の価値を社会に還元することを目的に様々な活動を幅広く行っている。

ページのトップへ


2016年9月 神戸学校
  • 日 時:2016年9月24日 13:30 - 16:00(開場13:00)
  • ゲスト:上野 砂由紀さん(ガーデナー)
  • テーマ:「笑顔が咲く庭」
  • 場 所:神戸朝日ホール(神戸市中央区浪花町59番地 神戸朝日ビルディング)
  • 参加料:1,200円 [学生 1,000円]※中学生以下の方は無料です。
  • 参加お申し込み
  • ※ご参加料は全額「あしなが育英会」を通じて、東日本大震災遺児支援全般に活用いただいています。
  • ※KOBE DAYS クラブ会員の方は、割引価格で受講いただけます。当日クラブカードをご提示いただきましたら割引料金をお返しいたします。
神戸学校2016年9月はガーデナーの上野 砂由紀さんをお招きします。

神戸学校9月はガーデナーの上野砂由紀さんをお招きします。北海道旭川市に、日本ではめずらしいとされる4000坪にもおよぶご自身の庭で、北国の気候や風土に合った花や植物を育てておられます。シーズンには色とりどりの花々が咲き乱れるそのガーデンは、「上野ファーム」と呼ばれ、北海道以外からもたくさんの人たちが訪れ、花や植物を愛でるばかりか、音楽のお祭りやマルシェ、野点などのイベントが行われるコミュニティにもなるなど、多くの人たちに愛される場所となっています。
上野さんのお家は、もとは米農家でした。1980年代に、米の個人販売を始められた際、農家まで直接足を運んでくれるお客さまたちに少しでも喜んでもらえたらと、上野さんのお母さまが田んぼのあぜ道にお花を植えたことが「上野ファーム」のはじまりです。その後、上野さんはイギリスに留学し、イギリス式庭園について猛勉強の後、帰国、家族総出での庭づくりによって、2001年、オープンとなりました。このようにして農村にひっそりと誕生した「上野ファーム」は、次第に訪れる人たちとの交流の中、上野さんの豊かな創造力と行動力で次第に活気づいていきます。そして2006年には脚本家 倉本聰さんのドラマ「風のガーデン」のガーデンデザインを上野さんが手がけられたことで「上野ファーム」はさらに多くの人たちの知るところとなりました。
上野さんは「たとえ一輪の花でも、花の力、植物の力で、いろいろな人を楽しませることができる庭づくりはとても面白い世界です」とおっしゃいます。
9月は、米農家でもあった「上野ファーム」が、農業と人をつなぎ合わせる場所として花を植え、庭づくりを家族で始め、その庭がいつのまにかたくさんの人たちとのつながりや、笑顔を生むきっかけとなっていった物語をうかがいます。そして、上野さんの豊かな創造力によって生まれた美しい庭の様子をお見せいただきます。その中で、庭づくりおいて無限に広がっていくデザインのこと、ガーデナーであると同時に二児のお母さんとして日々感じておられる、花や庭が子どもたちの心の豊かさやさまざまなものに展開していける可能性などについても、お話いただく予定です。どうぞお楽しみに!

上野 砂由紀(うえの さゆき)さん<ガーデナー>

北海道旭川市生まれ。イギリスでのガーデン研修を経験後、農場の魅力づくりのため上野ファームで家族とともに庭づくりに着手。2004年、ガーデン雑誌『BISES(ビズ)』誌上で行われた「ビズ・ガーデン大賞」にて大賞・グランプリを獲得。2008年秋に放映された倉本聰脚本のドラマ「風のガーデン」の舞台となる庭をデザイン・制作し話題となる。北海道の気候風土で育つ植物がつくりだす庭を「北海道ガーデン」と考え、北国に合わせた庭づくりと魅力発信に奮闘中。著書に『上野さんの庭しごと』(エフジー武蔵)、 『北の大地の夢見るガーデン』(集英社)、『上野砂由紀のガーデン花図鑑』(芸文社)などがある。また、雑誌『BISES』(芸文社)、『園芸ガイド』(主婦の友社)でも連載中。 十勝~富良野~大雪の8つの庭園を結ぶ「北海道ガーデン街道」協議会 副会長。

ページのトップへ