神戸学校

神戸学校はフェリシモが主催する「神戸発 生活デザイン学校」です。

次回のゲストの紹介
現在表示しているページ
フェリシモ
> 神戸学校
> 次回のゲストの紹介

2016年7月 神戸学校
  • 日 時:2016年7月23日 13:30 - 16:00(開場13:00)
  • ゲスト:宋 美玄さん(産婦人科専門医・医学博士)
  • テーマ:「女性であることを楽しもう」
  • 場 所:神戸朝日ホール(神戸市中央区浪花町59番地 神戸朝日ビルディング)
  • 参加料:1,200円 [学生 1,000円]※中学生以下の方は無料です。
  • 参加お申し込み
  • ※ご参加料は全額「あしなが育英会」を通じて、東日本大震災遺児支援全般に活用いただいています。
  • ※KOBE DAYS クラブ会員の方は、割引価格で受講いただけます。当日クラブカードをご提示いただきましたら割引料金をお返しいたします。
神戸学校2016年7月は産婦人科専門医・医学博士の宋 美玄さんをお招きします。

神戸学校7月は、産婦人科専門医・医学博士の宋美玄さんがゲストです。宋さんは医師として勤務の傍ら、執筆活動、テレビや雑誌などメディアに多数出演され、女性の身体や性の問題について、積極的な情報発信と啓蒙活動を行っておられます。また、ふたりのお子さまのママでもいらっしゃいます。
宋さんが世の中の女性たちに最も伝えたいと思っておられることのひとつに「まわりにあふれる情報に惑わされることなく、自身の身体としっかりと向き合ってほしい」ということです。また、「常識だと思われてきたことや、メディアによって『作られた女性像』に、自分たちを合わせる必要はないのです」ともおっしゃっています。そんな宋さんは、妊娠・出産、女性特有の身体の不調と向き合うにあたり、医学的裏づけのないものについては、はっきりとNOと言い、同時に、医学の新たな進歩はむやみに恐れることなく生活に取り入れ、より快適に毎日を過ごすことを提案しておられます。これまでタブー視されてきたテーマを明るみにし、医師としての立場で真実を伝えようとされる宋さんのメッセージは時に、考えさせられるものであり、「べき論」ではないところに女性たちは共感や勇気を与えられます。
神戸学校7月では、「産婦人科専門医」としての現場のお話から、医師として、また、母として今、伝えたいことは何かをお聞きします。たとえば、日本の出産や育児をめぐる課題、産婦人科専門医として実際に産んでみてどうだったのか、そして子育てをされる中で感じておられる先生ご自身の悩みやお考えについてもうかがいます。出産後、イギリス留学も果たされるなど、キャリアにさらに磨きをかけられ、ますますご活躍中ですが、まさに子育て真っ最中の宋先生。子育て中のお母さんはもちろん、これから出産を控えている人、周囲に子育て中の人がいる人、情報に惑わされず、賢く、健康に、女性であることを一生楽しみたい方、ぜひ足をお運びください。

宋 美玄(そん みひょん)さん<産婦人科専門医・医学博士>

1976年1月23日生まれ神戸女学院中高、大阪大学医学部卒業。
産婦人科専門医 医学博士。
2001年に産婦人科医となる。川崎医科大学の講師を経て、ロンドン大学病院へ留学。胎児超音波を学ぶ。35歳と39歳で出産し、一男一女の母。2010年に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」を出版しベストセラーに。以後テレビや雑誌、インターネットで女性の健康や性、妊娠出産育児などについて情報発信を行う。

ページのトップへ


2016年8月 神戸学校
  • 日 時:2016年8月27日 13:30 - 16:00(開場13:00)
  • ゲスト:為末 大さん
       (元陸上選手・スプリント競技における日本人初の世界大会メダリスト)
  • 場 所:神戸朝日ホール(神戸市中央区浪花町59番地 神戸朝日ビルディング)
  • 参加料:1,200円 [学生 1,000円]※中学生以下の方は無料です。
  • 参加お申し込み
  • ※ご参加料は全額「あしなが育英会」を通じて、東日本大震災遺児支援全般に活用いただいています。
  • ※KOBE DAYS クラブ会員の方は、割引価格で受講いただけます。当日クラブカードをご提示いただきましたら割引料金をお返しいたします。
神戸学校2016年8月は元陸上選手・スプリント競技における日本人初の世界大会メダリストの為末 大さんをお招きします。

為末 大(ためすえ だい)さん
<元陸上選手・スプリント競技における日本人初の世界大会メダリスト>

1978年広島県生まれ。スプリント競技における日本初の世界大会メダリスト。五輪はシドニー、アテネ、北京の3大会に連続出場。2012年に現役を引退。男子400メートルハードルの日本記録保持者(2016年4月現在)。2012年、25年間の現役から引退。現在は、一般社団法人アスリートソサエティ、株式会社Xiborg、株式会社侍などを通じ、スポーツ本来の価値を社会に還元することを目的に様々な活動を幅広く行っている。

ページのトップへ